事前テスト

千里ニュータウンでハウスクリーニングレビュー実績件数NO1:吹田、豊中を中心に北摂・北大阪地区の箕面市・茨木市・摂津市・高槻市・池田市・淀川区など及び西宮から宝塚までハウスクリーニングをお届けしています。

千里ニュータウンでハウスクリーニング、お客様レビュー数NO1 ステップクリーン : 北大阪・北摂・ 西宮でお掃除代行いたします


≫ EDIT

ワックスフリー・ノンワックスのフローリング床のワックスムラを除去

ワックスフリーのフローリング床、最近増えていますね。
ワックスフリーとは、ワックスを塗る必要がないフローリング。

EIDAI - フローリング・壁材|フローリング選びのポイント|ワックスフリー

表面が特殊加工してあり、ワックスを塗らなくても汚れがつきにくい仕様。
ペットを飼っておられる方などでも防汚加工されておりお手入れが簡単。

そんな、フローリングにワックスを塗ってしまうと、相性によっては斑になってしまう。
ワックス自体が汚れと判断され、密着不良になるんですね。



建築時の美装でワックスが塗布されていた。



先日、そのような床で新築時樹脂ワックスを業者が塗布して、そのワックスがムラムラになっているお宅に、フローリングの剥離に行ってきました。

剥離とは、塗ってあるワックスを薬品の力で溶かして取り去る作業です。

フローリングの剥離は、床材によっては難しい物もあるので、細心の注意が必要です。

今回はキッチン・応接室・玄関・トイレなど約70㎡すべて手作業で作業を行いました。

機械洗浄の場合、ポリッシャーのパット傷がコントロール出来ない。
メラミンパットでは弱すぎてワックスの反応が遅い。
などであまり使いたくないです。

手で行うことで、除去できたかどうかの判断を指の感覚で認識出来るのがメリットです。


まだメインのリビング・2階・3階は、梅雨明けから進めていきます。

フローリングの剥離で注意することは、長時間剥離剤を置かない
増粘剤を混合して、粘り気のある状態で浸透しにくい状況にして塗布する。※今回は、ノンリンスの普通の剥離剤で行いました。

今回のように剥離して、その上からワックスを塗ることはしない、素の状態に戻すため、傷はできるかぎり付けない方法でワックスだけ取るため、ナイロンパットやクロスなどの摩擦力を吟味して行うことが必要です。

ワックスを塗らないので、傷などをあとから隠すこtができない、ごまかしは一切きかないという作業です。


ワックスで隠れていた、傷や施工時の床の補修などの質感が見えてくる



ワックスを除去すると、そのワックスで隠れていた汚れや傷、質感が見えてくることがあります。
その辺りも事前にお客様に説明しておかないとトラブルの原因になります。
ルンバ傷やペットの引っかき傷など床まで行ってしまっている場合も露出します。

今回も一部、フローリングの表面の質感が明らかに違う部分が露出してきました。
表面がそこだけざらついているんです。つや消し状態。

フローリングの板ごとに艶が違うので、明らかに床を貼る前から質感が違っていたのでしょう。
それを樹脂ワックスで隠していたんでしょうね。

そのままでは見栄えが悪いので、その部分の板だけマスキングし、艶のない部分だけ、ハイテクフローリングコートを3回位塗り、その後、板全体を3階くらい塗布して落ち着きました。
ワックスを塗ったのは、その部分だけです。

表面の状態がいい場所で、ハイテクは綺麗に乗っていたので、仮に将来的に部分的に傷んだ場所だけワックスを塗ることも可能ではないかと思われます。

ハイテクフローリングコート
フローリング床(樹脂塗装された木製の床)、WPC 加工、高硬度UV 塗装、鏡面仕上げ塗装等の木床」
に使えるとありますが、フッソコートなどでは密着しないので、事前のテストが必要です。

正直塗ってみないとわからないのが、汚れ防止加工フローリングのワックス塗布です。

またワックスフリーの床でも、長年使っていると、艶がなくなってくると思います。その場合は、床材メーカーの推奨する樹脂ワックスを塗布すればいいと思います。
多くの場合、ハイテクフローリングコートが推奨になっている床材が多いようです。
ただしすべての床でハイテクが大丈夫とはいえませんので、そのあたりは自己責任でお願いします。

フローリングの剥離



フローリングの剥離は、うまくいけば簡単なのですが、古い床で古いワックスが何層にも重なっていて、踏み固められている場合、薬剤を反応させるために時間をおかなければならず、継ぎ目から剥離剤が浸透し、床にダメージがでてくることがあります。

シートフロアに関するわかりやすいページが有りました。
掃除屋さんも、わかっている方も多いと思いますが、確認しておくといいと思います。

オレフィン・エンボスなど シートフローリングについて [コーティングプロ・ハミング]

あまりにワックスが古い場合はフローリング自体も古いことが多く、経年劣化でベランダ窓の直射日光が当たる部分、キッチン周りなど弱くなっています。
なので、剥離できないこともあります。

そして基本的に一旦ワックスを塗ってしまった床で古い床の場合、剥離後そのまま素の状態で使うことは稀で、やはり再度ワックスで保護しておくことが理想です。
汚れ防止加工がないフローリングを剥離すると、かなりの確率で汚れがつきやすくなるので、ワックスを塗って保護しておいたほうがいいです。傷を隠す効果もあります。

自分でワックスを塗り続けている方の場合、ワックスの層が2ミリ以上の厚みのある状態になっている方とかもいらっしゃいます。そのような場合、剥離で対応するより貼替えのほうが安全です。

あと冬場より、春や秋の気候のいい時期をおすすめします。
冬は、床が冷たいので剥がれにくく、真夏は乾燥しやすいので、剥離剤が浸透しにくいです。

今回の作業を終えて



今回も、正直どんな状態で剥離できるのかは、去年の秋に一度洗面所でテストを事前に行って、半年間使っていただき、お客様に将来どのようなメンテナンスでいくのか?
考えていただきました。

そこで、ワックスを塗らないほうが、掃除がしやすい。汚れが取れやすいと奥様が判断されましたので、剥離してその状態でワックスは塗らないという内容でご契約いただきました。

フローリングの剥離は、ぶっつけ本番で行うのは危険です。またお客様が、その後どのような使い方をされるかによっても作業内容も変わってきますし、汚れの状況で、費用はかかりますが貼替えをおすすめする場合もあります。

事前にお伺いして、そのあたりは、確認・テスト・ご提案させていただければと思います。




IMG_9101-200.jpg ステップクリーン ボタン

スマホは、電話番号をタップで相談できます。

メールフォームはこちら汚れ具合など画像も送れます。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

| 床掃除 | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク

| PAGE-SELECT |