レンジフードクリーニングの必要性 なぜ定期的に内部を掃除しなくてはならないのか?

千里ニュータウンでハウスクリーニングレビュー実績件数NO1:吹田、豊中を中心に北摂・北大阪地区の箕面市・茨木市・摂津市・高槻市・池田市・淀川区など及び西宮から宝塚までハウスクリーニングをお届けしています。

千里ニュータウンでハウスクリーニング、お客様レビュー数NO1 ステップクリーン : 北大阪・北摂・ 西宮でお掃除代行いたします


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レンジフードクリーニングの必要性 なぜ定期的に内部を掃除しなくてはならないのか?

先日、レンジフード(台所の換気扇)内部の清掃にお伺いしました。
油が結構溜まっており
作業前と作業後では、吸い込みがかなり変わりました。

レンジフード 作業風景_171005_0045-350


なぜ、レンジフードの掃除が必要なのでしょうか?
ネット上では、数々の掃除屋さんが、これについて書いていますので
あらためて書くことはないと思いますが
自分なりの意見を書き留めておければと思います。



「換気扇の中なんて汚れてないよ。」
「どうしようもなくなったら、自分でするし
網(フィルター)の掃除は、マメにやってるし。。」

そういったお声も、今までたくさん聞いてきました。

しかし、油がたれてきたり、音が大きくなって掃除をするのでは
遅い理由があります。
  • 吸引力が劣ると、料理で発生した油煙などが、室内にまわり、部屋の壁面、天井などを汚すことになります。部屋中がべたべたになってそこに埃が付着して掃除機をかけてもきれいにならなくなります。※冷倉庫の上べたついてませんか?
  • もちろん家具の表面や床などもベタついて、他の部屋にも汚れが拡散していきます。
  • 内部にたまった油を放置し続けると、油の量によっては引火する可能性もあります。
  • ファンのドラム内部に油がたまりすぎると、羽根が回らなくなります。
  • 内部の外部からの異物、風などを防ぐためのダンパーが油で固着すると、風が吸い込めなくなります。
  • フィルターなど油が付着したままになっていると、塗装が侵食されて、はがれていき、見栄えが悪くなります。
  • 本体自体から、油の臭いが拡散してきます。
  • 油が落下して、料理の中に入ったり、壁に流れてしまいます。
あまりいいことがないようですね。

レンジフード 作業風景_171005_0037-350

ドラム内の油がひどく、油も固く装着したままでは、除去に時間がかかると判断して、モーターをドラムごと外して行うこともあります。
※汚れが軽い場合などは外さないで行います。状況によって判断させていただきます。

レンジフード 作業風景_171005_0021-350
天面のダンパーなども固着している場合は外してクリーニングします。

状態によっては、塗装が油で浮いているため、掃除で浮いたペンキを除去し塗装することもあります。
特に網の部分は、清掃前に確認すると塗装が浮いていることが多いです。
ご希望によって、黒スプレーで塗装します。
ただ、あとからの簡易塗装なので、再度掃除のとき漬け込んだりすると、剥がれてしまいます。
本体への塗装も、はげる可能性があります。
お客様の了解のもと黒スプレーで塗装します。


余談ですが
過去に、掃除屋さんに掃除してもらったことがあるという方は、事前にお伝えいただければと思います。
もしかして、過去に塗装しているかもしれないので
そのような場合、洗剤だけで塗装がはがれる可能性があります。
それを頭に入れて作業ができますので。

あと、艶出しなどをあとから塗布している場合もあります。
業者が清掃後、見栄えをよくするために、シリコンスプレーや保護剤を屋根表面に勝手に塗布している場合があります。
そのような場合も、薬剤で拭くだけで、その保護剤が取れて見栄えが悪くなる場合があります。
保護剤が過去に塗られているかどうかは、上から油が乗ってしまうと、判断しずらいです。

過去の清掃で、そういったことを施したと聞かれた記憶がある方もお伝えいただければと思います。

なかなか、きちんと伝えている業者も少ないと思いますが。。

レンジフード 作業風景_171005_0024-350


あなたのお宅の換気扇。
一度フィルターを外してみて下さい。
内部の壁面を触ってみて、油が層になっていたら
ドラムの中はもっと油が付着しています。

レンジフード 作業風景_171005_0015-350

ファンの羽根、一枚一枚に油が重なって厚みが厚くなって、風を切らなくなり吸い込みが悪くなる他、回転が不安定になり振動もでてきます。
ファンの重さも増えモーターに負荷がかかり、異音してきたりやモーターの寿命も短くなります。

レンジフード 作業風景_171005_0029-350
このように脂がドラムの中にたまると、モーターの回転にも負担がかかってきます。


レンジフードは、ドラムの中に、油が溜まる構造になっています。

それゆえ、ダクト(天井裏などの配管)手前(ドラム)で油をキャッチするため、排気ダクト内が汚れにくいということです。
その油を長年放置すると、ドラム内が円形になっている状況から変化し、風の流れに負荷がかかり、異音やモーターに負荷がかかるようになります。

レンジフード 作業風景_171005_0010-350
このように油を除去しておくと、風の流れもスムーズですし、羽根の回転もムラがなくなります。



「古いから、もう交換すればいいと思ってるから。。」
というお声もよくお聞きしますが
結局、なかなか工事を依頼するのも億劫になって、費用もかかるということで
そのまま放置という方も多いです。

仮にレンジフードを交換すると、工事費用別で本体が10万から15万くらい(機種によります)になります。
現状のレンジフード交換の工事費用が5万円弱
合計15万円から20万円程度あれば、レンジフード部分の交換が可能です。

レンジフード 作業風景_171005_0008-350

まだ使える場合なら、掃除で済ませることも可能なんです。

※モーターのシャリシャリ音など劣化の場合は、本体取替がお勧めですが。

レンジフード 作業風景_171005_0004-350


掃除で対応なら
レンジフード清掃 17,280円~21,600円になります。

吸引力ももとに戻り、喜んでいただいております。

あなたのお宅のレンジフードが現状そのまま使えるのか?
交換した方がいいのか?

判断に迷っているのであれば、アドバイスさせていただきます。





先日のお客様は、20年以上ほったらかし状態で、フィルターだけ
簡単に掃除されていたそうです。

かなり喜んでいただき、また換気扇以外の部分もお掃除のご依頼をいただけるようです。



あなたも一度検討してみてくださいね。

関連記事
IMG_9101-200.jpg ステップクリーン ボタン

スマホは、電話番号をタップで相談できます。

メールフォームはこちら汚れ具合など画像も送れます。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

| レンジフードクリーニング | 18:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stepclean.blog.fc2.com/tb.php/239-a8552abc

TRACKBACK

スポンサードリンク

| PAGE-SELECT | NEXT